BMW MINI R60 エンジンオイル下がり・エンジンチェックランプ点灯修理

皆さん

BMW Life Enjoyしてますか!?

長らくブログの更新を怠ってしまい

誠に申し訳ございませんでした(~_~;)

本日から、少しづつ記事を更新していきま~す!!

今回ご紹介する作業は

東京都武蔵村山からお越しのN様

BMW MINI R60 

・白煙が出る

・エンジンオイルの減りが早い

・エンジンチェックランプ点灯

上記の内容でのご来店です

症状の確認をしたところ

エンジン掛け初めに白煙か発生

また、信号待ちで長めに停車していると白煙が出始める

典型的なオイル下がりの症状を確認出来ました。

早速、バルブステムシールの打ち換えを行います(^^)/

サクサクっとヘッドカバーを外しオイル管理を確認

エンジン内は奇麗でオイル管理は悪くなさそうです!

カム類を取り外していきます

カムシャフトを取り外すのにSSTを取り付けます

が、ここでカムのタイミングが狂っているのが確認出来ました( ゚Д゚)

エンジンチェックランプ点灯の原因はこれです!!

今回、入庫時オイル量を確認したところ

全くオイルレベルゲージにオイルが付着しませんでした

オイル消費によりオイルレベル低下

オイルレベル低下によりチェーンテンショナーにシッカリと油圧が掛からず

タイミングが少しずつズレてしまったと思われます。

今回の作業ではチェーンテンショナーも改良版に交換致します。

作業を進めて行きます(^^)/

バルブトロニックをSSTで取り外し

カムシャフトを取り外します。

ここからバルブスプリングを取り外すのですが

シリンダーヘッドを取り外さずに行うので

ここでまた特殊な工具を使用します(^^)/

スパークプラグ部からエアーを注入して

バルブが下がらないようにしてバルブスプリングを取り外していきます。

バルブスプリングが外れると今回の交換部品

ステムシールが見えます

ステムシールを引き抜き、新しいステムシールに打ち換えていきます(^^♪

新品に比べ取り外したステムシールは

穴の径が違うのが良く分かります!!

穴の内径が大きくなっています

これでは、オイルがバルブを伝い燃焼室内に漏れてしまいます(~_~;)

全てのバルブ16個ステムシールを打ち換え(;´Д`)

取り外したパーツを組み上げていきます

カムタイミングもシッカリと合わせて完成です(*^^)v

エンジンオイルも交換して

走行テストを行い

白煙の確認とエンジンチェックランプが点灯しないことを確認して

作業finish!!

R6#系のお車はまだまだ現役でキビキビ走るので

ご予算とご相談しながらTraumGarageでメンテナンスして行きましょう(^^♪

BMW・BMW MINIのご相談でしたら

TraumGarageへご相談くださいませ(^_-)-☆

公式LINEをご登録頂き、トークよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事を書いた人